PR

鬼滅の刃柱稽古編のOP「夢幻」の歌詞を紹介!産屋敷と鬼舞辻の視点だ!

鬼滅の刃
記事内にアニメ好きによる広告が含まれています。

立志編に始まり、長期間の放送にも関わらず
いまだに衰えを見せない鬼滅の刃!!

漫画原作が登場してから8年近く経ちますが
アニメ、映画、ゲーム、小説、勉強ドリルなど
かなり幅広く受け入れられる作品として今も残っています。

 

さて、そんな鬼滅の刃のアニメ最新版である
柱稽古編が5月12日より放送開始となりました!!


出典元:アニメ「鬼滅の刃」公式ポータルサイト

柱稽古編のオープニングを飾るのは
MY FIRST STORYとHYDEが歌う「夢幻」。
かなりカッコいい歌です!!


出典元:歌ネット

そこで今回は、この「夢幻」の歌詞を紹介し、
歌詞について「誰の視点」の歌なのかを
考察してみたいと思います。
是非、最後までご覧ください!!

 

鬼滅の刃をまだ見てない
という方は是非、U-NEXTをどうぞ!
↓こちらをクリック↓

 

「夢幻」の歌詞

では、まずは歌詞から紹介していきます。
今回はOPのパートのみではなく、
全体を紹介しちゃいます!!

永遠の意味 知らぬ君に 答えを示す時だ
夢幻に続く螺旋の先へ言い訳に聞こえた理由は
儚い未来手繰った弱さ
それを強さとはき違えている

憎い (憎い)
醜い (醜い)
月を隠すほどの
黒く (黒く)
淀む 心
「君さえ居なければ」

ゆらいでる ゆらいでいる
花のように意思をつなぐ
奪っていく 奪っていく
嵐のように心を裂く
永遠の意味 知らぬ君に 答えを示す時だ
夢幻に続く螺旋の先に
待つのは誰

生まれ落ちた運命を呑んだ
背負った数の名前を覚えた
爛れるほど 心燃やす感情

憎い (憎い)
醜い (醜い)
世界を分かつほどの
怒り (怒り)
燃やす 心
「君さえ居なければ」

ゆらいでる ゆらいでいる
花のように意思をつなぐ
奪っていく 奪っていく
嵐のように心を裂く
永遠の意味 知らぬ君に 答えを示す時だ
夢幻に続く螺旋の先で

鬼哭に耳を傾けた仕舞よ
この身に宿る万物で終いよ
夢幻を他者に託した弱き人

命の輝きは幾星霜に
祈りの瞬きが照らす斜陽に
千夜を身に宿し
解を押し付ける

枯らしていく 枯らしていく
夢幻の夜に花を裂く
繋いでいく 繋いでいく
嵐に種をまいていく

ゆらいでいる ゆらいでる
花のように意思を繋ぐ
奪っていく 奪っていく
嵐のように心を裂く
永遠の意味 知らぬ君に 答えを示す時だ
夢幻に続く螺旋の先で
待つのは誰

こんな歌詞なんですね。
歌詞だけでもかなりカッコいい・・・!!

 

「夢幻」は誰の視点の歌?

では、この歌は一体「誰の視点」の歌でしょう。
もしかするとこの歌を2人が歌っているのが
大きなヒントになっているかもしれません。

この歌を歌う人物の視点は2人。
鬼舞辻無惨産屋敷耀哉の2人です!

 

2人が互いに感情をぶつけあうような歌。
だからこそこの曲は2人が歌う曲なのかもしれません。

歌詞の中には鬼舞辻の感情を思わせるパートと
産屋敷の心情だと思わせるパート、
そして双方がぶつかり合うパートがあります。
次からはそれらを解説していきます!

パート①:鬼舞辻-永遠の命-

まず、鬼舞辻無惨の視点から解説しましょう。
そのためには鬼舞辻の人物像を
ある程度知る必要があります。

鬼撫辻無惨とは主人公である炭治郎や鬼殺隊の
宿敵である鬼の頂点です。
彼の望みはただ一つ「完全な永遠の命」


出典元:Movie Walker

無惨はそのためならば平気で殺し、奪います。
「奪っていく」「嵐のように心を裂く」
「夢幻の夜に花を裂く」といった歌詞

まさに鬼舞辻の行動そのものと言えるでしょう。

彼にとって「永遠の意味」とは
「自分の不死が永続すること」だからです。
そのために力と命のすべてを費やすのが無惨という人物。

そんな彼が人に対して漏らす言葉こそが
「夢幻を他者に託した弱き人」という
ものなのかもしれません。

パート②:産屋敷-連綿と続く祈り-

一方、産屋敷の視点ではどうでしょう。
彼もまた、類まれな人生と天命を背負う人物。
境遇を知らなければいけないでしょう。

産屋敷耀哉は鬼殺隊のトップ。
しかし代々続く呪いのため体は虚弱で、
柱稽古の第1話時点で動けない体になっています。


出典元:きめつのやいばWiki

そんな産屋敷は自分の命が儚いことを知っているし、
鬼殺隊の隊員たちも次々に命を落とす現実も知っています。
それでも鬼舞辻を倒すという意志が続いていることも。

「花のように意思を繋ぐ」「嵐に種をまいていく」
「背負った数の名前を覚えた」

といった歌詞は産屋敷のパートであり
彼に連なる数多くの鬼殺隊たちの行動そのものですね。

 

同じ歌詞も視点を変えると・・・

さて、ここまでで「夢幻」とは
2人の視点が入った歌であるというのが
お分かりいただけたと思います。

ですが、この歌の面白さはここでは止まりません。
同じ歌詞のパートも、歌い手の視点を変えることで
全く違う意味をもつようになるからです!

 

例えば、「永遠の意味」。
無惨にとっては「不死」ですが産屋敷にとっては「祈りの連続」。

「儚い未来手繰った弱さ」とは
無惨にとっては「他者への不要な信頼」であり
産屋敷にとっては「自分が永遠に続くという妄想」です。

 

そしてなんと言っても、Bメロ最後の
「君さえ居なければ」という歌詞は
鬼舞辻無惨と産屋敷耀哉が互いに持つ呪いにも似た感情ですね。

互いにとっての「永遠」を背負っているからこそ
一歩も譲ることができず、
ここまでの激情があふれる言葉になっているのでしょう。

 

二人の邂逅の場面を示唆する歌詞も!

そして更にすごいと思うのは、
歌詞の中で鬼舞辻と産屋敷が遂に邂逅する
あの場面を見事に描写していることです。

その歌詞とはここ。

鬼哭に耳を傾けた仕舞よ
この身に宿る万物で終いよ
夢幻を他者に託した弱き人命の輝きは幾星霜に
祈りの瞬きが照らす斜陽に
千夜を身に宿し
解を押し付ける

2つの単語の意味を知ることで
場面描写が明確になります。

その2つの単語とは「仕舞」と「斜陽」です。
それぞれの意味を解説し、
場面の説明をしていきましょう。

仕舞:身一つで鬼と向きあう産屋敷

最初に出てくる「仕舞」という単語。
この意味はこちらです。

  • 仕舞:能装束を着ずに紋付袴姿などで、能のハイライトシーンを地謡のみで舞うこと


出典元:Wikipedia

この「仕舞」とはつまり、
身一つで「お終い」の場面に臨んでいること。
産屋敷が鬼舞辻に対面したあの場面に他なりません。

しかし、鬼哭に耳を傾けた産屋敷は
はたして「夢幻を他者に託した弱き人」なのか。
それは物語が教えてくれることでしょう。

斜陽:「夜の訪れ」と「物事の終わり」

次に解説したいのが「斜陽」。
その意味がこちら。

  • 斜陽:
    1. 西に傾いた太陽。夕日の斜めにさす光。
    2. 勢威・富貴などが衰亡に向かっていること。


出典元:スッキリ

つまり場面としては「夜の訪れ」であり、
柱稽古編の続きである「無限城」への入り口です。
とうとう最終決戦が近づいている場面ですね。

そしてこの斜陽のもう一つの意味が「衰亡に向かうこと」。
鬼と鬼殺隊の最終決戦こそが、この斜陽と言えるでしょう。
決戦が終わるとき、少なくともどちらかは終わりを迎えるのですから。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、鬼滅の刃柱稽古編のオープニング
「夢幻」について解説を行いました!!

  • 「夢幻」の歌詞
  • 鬼舞辻と産屋敷の2人の視点の歌
  • 邂逅した場面も示唆する歌詞

ということが分かりましたね!!

 

今回放送される柱稽古編は
無限城での決戦が始まる直前のエピソード。
それでも最終決戦前の箸休めにはしないぞという
制作側の本気度をこの歌一つで感じることができますね。

さぁ、そんなオープニングで見事に飾られた
鬼滅の刃-柱稽古編-。
どんな風に描かれていくのか。
非常に楽しみですね!!

 

 

鬼滅の刃をまだ見てない
という方は是非、U-NEXTをどうぞ!
↓こちらをクリック↓

鬼滅の刃をもっと推したいという方は、
グッズをそろえてみるのは如何でしょう!
↓こちらを是非クリックしてください!↓

このブログでは鬼滅の刃について
いろいろな解説も行っています!
刀鍛冶編のオープニングの解説はこちらの記事
甘露寺光里登場シーンの考察はこちらをどうぞ

Follow me!

コメント

PAGE TOP
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました